TokyoHimmingさんイベント(後半)

  • 2010/03/25(木) 12:28:54

TokyoHimmingさんイベントレポ(後半)


さて青野さんの弾き語りが終わった後も富山の料理は続きました。
教室の外で大きな鍋でふるまわれた漁師の味噌汁「カブス汁」
カニと氷見の魚介類がたっぷりはいりいい味だしています。



つづいてはブリシャブ
この切り身を・・・



しゃぶしゃぶして〜



はい、一丁あがり
いや〜、贅沢です!!!



これで終わりとおもいきや・・・
突然、会場がザワザワと、なっなんとブリの姿盛りが運び込まれてくるではないか!!
これには会場のあちこちから歓声が沸き起こりました。



なかなか見ることができないブリの姿盛り
Himmingさん凄すぎです!!!
氷見の方と地域密着な活動をされてきたからこそなせるワザではないでしょうか



美味い、美味すぎる、このブリの刺身
口の中で溶け出す濃厚な脂、そしてそのあとにくる身の歯ごたえのよさ
マグロの大トロにはない、この絶妙なバランスはブリならでは

まさに日本海を代表する海の幸。KING OF JAPAN SEA!
クロマグロの輸入取引禁止で騒がれていましたが、日本の皆さん心配しないでください。
まだ日本にはブリという素晴らしい海産物があります!



いやぁ〜、お腹いっぱいです。

氷見には本当に素晴らしい食材があることを改めて実感しました。
フランスのタイヤメーカーであり旅行ガイドブック作成のミシュランさん。
ぜひ

氷見シュラン

をつくってください。間違いなく

寒ブリ   ★★★★★
氷見うどん ★★★★★
氷見牛   ★★★★★

とその食材そのものが5つ星です!


・・・とあまりの美味しさに食事ことばかり書いてしまいましたが
ステージではHimmingさんの天馬船製作の話
そして東京でも神田川にその船を浮かべたいという野望
築100年をこえる石蔵をアート展示場に改修されたという話など
魅力的な活動を紹介されました。
リンク先のHimmingさんのBLOGには、いいカメラ使っているんでしょう
(もちろんカメラマンの腕も^^;)とてもきれいな写真がいっぱいです。


我がacoicoの副代表浦野も時間をいただき、会場の皆さんにacoicoの
活動をPRさせていただきました。ありがとうございます。



氷見の魅力を再発見して、それをアピールしていく素晴らしい活動をされている
Himmingさん。とても楽しい3時間でした。
お互いに氷見を、そして富山をどんどん盛り上げていきましょう!

HimmingさんHP
http://www.himming.jp/

TokyoHimmingさんBLOG
http://ameblo.jp/tokyohimming