「acoicoのうた」がついに完成しました!!

  • 2012/03/25(日) 16:31:46

構想から約1年…
acoicoメンバーのふるさとに対する想いが、何と、「うた」になりました!
ふるさとの景色の雄大さや美しさ、空気や食べ物の美味しさ、人の温かさ、などなど…どこか懐かしい想いが詰まった、とってもステキな曲ができました。

制作に対しては、富山市出身のシンガーソングライター・
イナガキダイスケさん
にご協力をいただき、本格的なものに仕上がりました。
先月のアコイコフェスでもエンディングテーマとして流しましたが、お聞きいただけましたでしょうか?

アコイコのうた「HOME」、以下からご確認いただけます。ぜひ、チェックしてみてください!
(企画委員・MoriP)




「HOME」〜acoicoのうた〜

タイムマシーンに乗らなくても
そこに帰れば子供に戻れる
小さな夢と四葉のクローバー
何度も願うよ 故郷の山

ずっと世界で一番大切な場所
いつも優しく見守ってくれてありがとう
そっと心を包むこの安らぎが
こんなに今恋しくて懐かしい

忘れられない淡い初恋
飽きるほど遊んだ秘密の基地
柱の傷跡 大きくなった僕
天まで届けと 故郷の空

きっと生涯色褪せない思い出
あの美しい夕日と共に残る
夢中で走った故郷の景色達が
こんなに今愛おしくて誇らしい

タイムマシーンに乗れば見える世界
大きな夢と希望の先
負けない、負けない 叶うと信じて
大海へと続く 故郷の川

どんなに離れても繋がっている
都会の人混みの中寂しい夜でも

ずっと世界で一番大切な場所
いつも優しく見守ってくれてありがとう
そっと心を包むこの安らぎが
こんなに今恋しくて懐かしい

きっと生涯色褪せない思い出
あの美しい夕日と共に残る
夢中で走った故郷の景色達が
こんなに今愛おしくて誇らしい

--
Produced by acoico
Special Thanks イナガキダイスケ

富山の桜

  • 2012/03/21(水) 18:30:39

暖かくなったかと思ったら、夜は寒いというなんだかよく分からない日が続きますが、いかがお過ごしですか。

花粉症シーズンが終わると、もう間もなく桜の季節です。
東京の開花予定は4月1日頃、満開は4月7日頃でしょうか。

さて、acoicoブログをご覧のみなさんは、富山でお花見したことありますか? 
私は黒部市の宮野運動公園で、家族そろってお花見したことを覚えています。

「花見と言えばお酒」という図式が頭の中で成り立ってしまう今考えると、富山でのお花見(大人版)は未体験と言えるかもしれません。妙なところでモヤモヤしてしまいました。望郷の念でしょうか。


そんなこんなで色んな思い出たっぷり、富山の桜。
今なら本屋さんへ行けば見られます。



「にっぽん 花の旅 全国絶景157選」
発行 2012.2.27(旅行読売4月号臨時増刊)
定価 980円



私のところへある日、一通のメールが届きました。

「2/27に発売された『にっぽん 花の旅』(旅行読売出版社)の表紙が
富山県の風景なんですが、acoicoのブログでご紹介頂く事は可能でしょうか?
朝日町の風景で、中面では砺波も紹介されているそうです」
(acoico会員より)

この表紙を見て、
「あー、これ朝日町の舟川べりやな」と思った私。
普段は何もない、ただの田んぼのど真ん中ですが、桜の季節になると、全国からカメラマンが集まってくる不思議な場所です。
どうやら、チューリップと桜と残雪の立山連峰のアンサンブルが、萌えポイントのようです。

ちなみに、
富山の開花予想は4月10日頃ですから、7日に東京でお花見した後、翌週末の14日に富山でもお花見という、まさかのダブルヘッダーが可能です。

気になった方は、お近くの書店で手に取ってみてください。
予習できます。

(せっかくなら、富山で花見、したいなー。の企画委員いしだ)


3月23日追記


編集部の方からコメントをいただきましたので、掲載させていただきます。

 実物を見たくなるような、春に出かけたくなるような、
きれいなところ(写真)を選んで載せました。
一眼レフカメラの撮影のコツや、花の透明水彩画の描き方もあります。
興味のある方は書店で手に取ってみてください。



acoico fes 2012 開催報告

  • 2012/03/01(木) 01:40:44

2月19日に東京・赤坂のザ・キャピトルホテル東急で開催されました「acoico fes 2012」のご報告です。まずは皆様のおかげで、無事に終えられましたことを御礼申し上げます。



市町村や県庁、一般ブースの方も含めて計200名以上の方にご来場頂きました。



参加者の中から該当者を見つけ出す「会場内で勝手にビンゴ」や、
富山らしい答えを選択する「どっちのトヤマSHOW!」、
各ブース出展者の紹介など、コンテンツも充実させました。

以下は、ビンゴカードに書かれていた情報の例です。
・高岡の十段アイスを食べたことがある
・さんぽーろのマックが基地だった
・宮野運動公園の飛行機の中で撮った写真がある
これに該当する人を見つけ出して、マス目に名前を書いてもらうのです。
話しかけなきゃはじまらないビンゴです。

またクイズにもひねりを効かせて
・富山に帰省するなら飛行機か新幹線か
・子供を連れて行くならチューリップ公園かファミリーパークか
といった、答えの出ない問題を出しましたが、
チームで話し合って答えを出してもらいました。

今回は、昨年までの経験を活かして、参加者同士が交流できる時間=自由時間を多く設けたり、ビンゴやクイズでは交流が促進されるような工夫も施しました。参加者の皆さんには、今年のテーマである「大同窓会」を楽しんでもらえたせいか、みなさんお話に夢中になり、ステージで進行を務めていただいた雷鳥のお二人も、「みなさ〜ん、聞いてますか〜」を連発していましたw



毎回好評の富山の郷土料理やお酒、豪華なお土産攻撃、ゲストを交えたトークなど他にもご報告したい内容はたくさんありますが、まずはこのへんで。
ドタバタの舞台裏でしたが、皆さんが楽しんで時間を過ごして頂けたかと思うと、何よりの喜びです。スタッフはみんな「来年こそは一般参加!」と漏らしていました…(笑)。




acoicoでは、fesに限らず年間を通じてさまざまなイベントを企画しています。こんな企画があったらいいのに、とお思いになったら、ぜひお知らせください。一緒に楽しみましょう!!
2012年度もよろしくお願いします。



スタッフいしだ(去年は一般参加者でした)