12月17日(土) acoico X'mas Party開催!

  • 2011/11/30(水) 18:10:28

日増しに寒さも増すなか、街もクリスマスムードが高まってきました。

acoicoのクリスマスといえば、もうお馴染みですよね?
そう、acoico X'mas Partyです!!

今年もスペシャルゲスト 石井隆一 富山県知事をお招きします。
東京で知事とお話できるのは滅多に無いチャンスです!

会場は再び六本木ヒルズ
クリスマスを前に、光で彩られた東京の街並みを六本木ヒルズの49階から眺めながら、
特別なひと時をみなさんで過ごしましょう!

見どころは窓の外だけではありませんよ!
パーティーを彩るお料理は、富山の食材を盛り込んだ今回限りのスペシャルメニュー!
恒例のプレゼント企画もやっちゃいます。乞うご期待!

毎年大好評のこの企画、会場の都合により今年も人数限定での開催です。
お申し込みは先着順にて承ります。

昨年もあっという間に締め切りとなってしまいました。
お申し込みはお早めに!

なお、知事をお招きすることから、事前予約の無い方のご参加は
セキュリティー保持の観点により理由の如何を問わず固くお断り致します。








(※写真は昨年度の様子です。)


◆日時:2011年12月17日(土) 19:00〜21:00
※受付開始/開場 18:45

◆会場:六本木 アカデミーヒルズ49
集合場所など詳細は、ご参加のお申し込みを頂いた方へ後日ご連絡致します。

◆会費:4,000円

◆定員:40名(先着順)

◆お申込期限:12月10日(土)
※お申込が定員に達した時点で、期限前でも締め切る場合があります。

◆お申込はこちらから
URL:https://business.form-mailer.jp/fms/b0c9e07210175


みなさんのご参加、お待ちしています!

「川崎市生田緑地・富山ゆかりツアー」レポート!

  • 2011/11/20(日) 15:13:00

みなさん、こんにちは!

今回は、11/19(土)開催のイベント・「川崎市生田緑地・富山ゆかりツアー」のレポートをお届けします!
日本民家園にある「合掌造り」と、あの話題の「藤子・F・不二雄ミュージアム」に潜入!?レポートです。


1. 日本民家園

http://www.city.kawasaki.jp/88/88minka/home/minka.htm



日本各地にある古民家が、川崎の生田緑地に集結、展示されています。
建物構造のほか、日本の古くからの風習・生活様式を学ぶことができることができます。

…で、何と、我らが「五箇山の合掌造り」もここにもあるんです!
というわけで、内部を見学させていただきました。

今回の参加者は、筆者も含めて6名。
そして、園内をご案内いただいた「炉端の会」のガイド・吉川さんも、何と富山のご出身!
富山弁も織り交ぜながら、話が進んでいきます(背後に見えるのは上平の「江向家住宅」)。



外はお馴染みの茅葺き(かやぶき)屋根。急斜面で豪雪から守ります。まさに「合掌造り」の語源。
建物の内部は縄と「ねそ」という植物でがっちりと固定。



五箇山の和紙用の紙すき器があったり…
(江戸時代、夜に若い女性が紙すきをやっていた時代に、男どもが指で障子に穴を空けて外から覗いていた。
 そして、女性達はその穴の数で自分の魅力度をアピールしていたとか・笑)



いろりがあったり…仏壇も立派で…いかにも富山らしい構造。
参加者からは「あー懐かしいー」という声が挙がってました。
(写真は山田家住宅のものです)





こちらは利賀の「野原家住宅」。
梁が曲がってますよね。根元の曲がった大木をそのまま使用しているそうです。丈夫そう!





もちろん、南砺市のポスター、五箇山のパンフレットがちゃっかり置いてありました(笑)
世界文化遺産・合掌造りの五箇山に、ぜひお越しくださいませ!





2. 藤子・F・不二雄ミュージアム
http://fujiko-museum.com/

大人気のミュージアム、ついに行ってきました!
参加者が時間を忘れ、藤子・F・不二雄ワールドを堪能♪

展示室は、キャラクターの原画や作品が展示されています。
ドラえもんをはじめとして、オバケのQ太郎、パーマン、キテレツ大百科…
作品を観るたびに、参加者間で「あれはあーいう話でね…」で盛り上がる!
(展示室は撮影不可だったので、気になる方はぜひミュージアムで楽しんでくださいね!)

そして、自由にまんがを読める「まんがコーナー」があったり、
はらっぱにいろんなキャラクターがいたり…どこでもドアがあったり…





















そうそう、カフェでこんなもの売ってましたよ!

ドラえもんの「どら焼き」



秘密道具・「あんきパン」ラスク



4次元ポケットサンド(中にはタケコプターのチーズ!)





コロ助の「いナリ」(もちろんコロッケ付き!)





ドラえもんの箸袋。いただきまーす!



こんなとこにも仕掛けが。消火栓なんですが…ドラえもんのしっぽに見えません?




というわけで、おみやげショップで大量購入したことは言うまでもありません(笑)

当初のスケジュールを大幅にオーバーし、あっという間に夕方になってしまいました。

最後に、参加者全員で出た結論を。

「こんなに楽しい藤子・F・不二雄ミュージアム、なんで生まれ故郷の富山にないんだ!!」

富山にもぜひ作ってください!お願いします!

(スタッフ・MoriP)

高岡帰省通信 Part 2!

  • 2011/11/06(日) 00:13:26

こんにちは、スタッフ・MoriP(高岡市出身)です。

本ブログでは、時にはイベントの告知をしたり、
また時には勝手気ままに自分の富山ネタを書いてみたり…
そんなこんなで自由にやっております。よろしければお付き合いくださいね。

というわけで、少し前に別のスタッフが書いた記事「富山帰省日記」
触発されまして、私も「帰省通信」を書いてみようと思います。

勝手にシリーズ化している(笑)、高岡帰省通信、Part2です!
(ちなみに、Part1はこちらからどうぞ。)
今回も高岡の街中をぶらぶら歩きながら、再発見尽くしとなりました♪

1. 技術・技能デパート「テクテクたかおか」
http://tec-tec.jp/takaoka.html

高岡の中心・末広町商店街のほぼ中央に位置する、「テクテクたかおか」さん。
商店街の空き店舗を利用し、高岡だけでなく富山県内や金沢などから技術工芸品を集め、
数年前にオープンしたお店です。
技術の発信基地・アンテナショップとして稼働し、
また、地元商店街の方々ともタッグを組んでいるのだとか。






2. 山町茶屋
http://www.takagas.co.jp/cya_index.htm

山町筋の土蔵造りの街並みを歩きながら、茶屋としてオープンしている建物に立ち寄り。



この建物、潰されそうになるところを、土蔵造りの街並みを守るためにお隣の「菅野家」(高岡ガスの創業家)が身銭を切って買い取ったのだとか(↓)




その茶屋の2Fに上ってみますと…何とそこは別空間!
土蔵造りの建物の雰囲気にマッチした、とってもステキな「ギャラリー」に変身してました!







このスペース、11月からは運営が別の方に代わり、
インテリアギャラリーとして再スタートを切るのだとか。
こうして、土蔵造りの建物を「ただ残す」のではなく多くの方に「使ってもらう」ことで、
土蔵造りの価値が再認識され、守られていくんですね。


…さてお次は、高岡の伝統産業の集積地、「金屋町」をぶらり。
金屋町は鋳物の町・高岡銅器の町として発展し、400年の歴史があります。
(金屋町について詳しく知りたい方は…金屋町出身のacoicoスタッフが書いたこちらの記事をどうぞ!)

古くからの街並みがきちんと残っていて、道路も石畳で、風情があって落ち着きます…



で、石畳の道路をよーく見てみると…鋳物が埋め込まれてます!なかなかシャレてますね(笑)



さて、金屋町では2箇所の訪問先をご紹介します。

3. 大寺幸八郎商店
http://ootera.com/index.html



銅器の卸問屋で、江戸末期に金屋町で創業。
金属工芸品・アンティークなインテリア・灯具・食器・アクセサリー小物などを展示販売している。

…ということなのですが、私が衝撃を受けたのは、とっても贅沢な建物の造りと、お庭の豪華さ!
建物の中を見学させていただいたのですが、金屋町の伝統に裏付けされた建物の立派さに圧倒されてしまいました。







大正ロマンを感じさせるガラス戸。



こちらはギャラリー・喫茶室としても利用可能ということで、
今度行くときはゆっくりお茶でも飲みながらじっくり堪能しようと思ったのでした。

4. 金属工芸工房「かんか」
http://kanaya-kanka.cocolog-nifty.com/



こちらは1年前にオープンした金属工房+ギャラリー。
高岡を中心に活躍する工芸作家さんの作品を展示してます。
また、奥には工房もあり、錫鋳物の体験もできるそうです。

「金属が溶け合うように様々な人たちが集い、新しいものごとを生み出す」空間を目指していて、実際に若手の作家さんが集う空間になっているそうです。







…というわけで、いろいろ書いているうちに長くなってしまいました(汗)

伝統工芸の文化が街の風情とともに残りつつも、
現代の作家により新たなものが作られて発信され続けている姿を体感できました。
「高岡の芸術文化の魅力」、再発見の旅となりました♪

【PR告知】東京ラーメンショー2011開催中です!

  • 2011/11/04(金) 16:16:06

日本全国のご当地ラーメンが一堂に会する「東京ラーメンショー」
11/6(日)まで駒沢オリンピック公園にて開催中です!



「富山ブラック・麺家いろは」さんは、2009年・2010年と2年連続日本一、
特に昨年は5日間で13,355杯、最終日では1日で3,409杯というダントツの記録を樹立!
今年は3連覇を目指し、秘伝の黒醤油に富山大学や薬メーカーと共同開発したやくぜん配合の「富山ブラック2011・健康」を提供中!
(【速報】11/3(木)に過去最高の3,685杯を記録しました!!)







そして今年は、富山の「麺屋つくし」さんも札幌の「真武咲弥」とコラボで新作札幌味噌ラーメンを提供しています。







富山のラーメン
を、今年もacoicoメンバーで応援しましょう!

◇開催期間:2011年11月2日(水)-11月6日(日)
      10:00〜20:00(最終日は17:00終了)
◇会  場:駒沢オリンピック公園 中央広場
      (東急田園都市線「駒沢大学駅」徒歩15分)

・東京ラーメンショー http://www.ramenshow.com/
・富山ブラック・麺家いろは http://www.menya-iroha.com/
・麺屋つくし http://www.tsukushi.in/

(スタッフ・MoriP)