富山帰省通信(御印祭)

  • 2010/06/23(水) 22:04:16

みなさんこんにちは 企画委員のよしのぶです。

ちょっくら6月19、20日と富山に帰省していました。
そんなわけで、おなじみ?富山帰省通信です。

今回、帰省した目的のひとつに毎年6月19日に前夜祭が行われる
地元高岡のまつり御印祭に参加するため



この祭は高岡市金屋町という高岡銅器の町で行われる祭りで
町の開祖である前田利長公に感謝して、その命日の6月20日
に鋳物をつくる作業の中で歌われた「弥栄節」(やがえふ)という
節に踊りをつけ、その踊りとともに感謝の念を捧げるというもの

石畳の街並みに行灯がともされ日も暮れでとても風情ある感じに



この町で代々鋳物づくりに携わっている学生時代の同級生が
昔、自分がこの町に住んでいたということで青年団につないでくれ、
自分もこのように黒の羽織を来て街流しをさせていただけました。
本当にありがたい話です。



男踊り
竹の棒を片手にたたら(鉄を溶かすために溶鉱炉へ風を送る足で踏んで
空気を送る道具のこと)を踏んでいるようなカッコウで踊る。
踊りも幼稚園の頃から踊っていたので、もう10年以上たっているが体が
覚えており、今回も練習なく踊れました。



女踊り
こちらはおけさ笠をかぶって手ぬぐいをつかった踊り方

祭りにはかかせない出店。
小さいころはこの華やいだ雰囲気が楽しかったな〜



久々に自分を育んだ町並みで踊ることができ、
今は東京で暮らしてはいるが、このように地元とかかわる機会を
与えてもらえるのはありがたいことです。

おわら風の盆や五箇山のこきりこと違い、まだまだ県内でもメジャーな祭とは
いかないのですが、今年は県知事夫妻、衆議院議員、高岡市長が見学にお越し
いただき、また地元CATVでも放映され、徐々に知名度が上がってきています。

また来年は高岡市の開町から1年遅れ、金屋"町"の開町400周年となります。
来年は例年以上に盛り上げるということなので、みなさん
ぜひ2011年6月19日は金屋町にお越しください。日曜日ですよ!

もっと金屋町を知りたいという人はこちら↓




追記
 この街には山崎まさよしさん主演の
 「8月のクリスマス」の舞台となった写真店もあります。
 こちらも要チェックです。
 http://www.senmaike.net/kanaya/8x/index.html

さて次回、富山通信はacoicoフェスにも参加いただいた
土遊野農場見学の様子です。お楽しみに!!