横浜開港150周年記念 acoico 神奈川交流ツアー(前半)

  • 2009/08/31(月) 18:55:15

みなさんコンニチハ!!
今回は先日8月29日に実施された

Y150記念神奈川交流ツアー(前半)

の様子をアップしたいと思います!



日焼けしちゃうよ〜ってくらいの晴天、朝9時半に川崎駅西口に
集合したのは富山にゆかりのある34名のツアー参加者。

今回のツアーイベントはすごいですよ。
acoicoの名前でバスを一台貸切。バスの前に書かれたツアー名も
「acoico神奈川ツアー御一行様」です。




早速、みなさんバスに乗込み出発です。
今回のイベント幹事のstaff堀井がツアー内容の説明とこれから向かう
京浜工業地帯クルージングにかかわりがある浅野総一郎の説明を行います。




今回のイベントは別名「acoicoアカデミー」
氷見出身の明治時代の経済人で京浜工業地帯の生みの親 浅野総一郎詳細) の
偉大な功績を学び、故郷を離れ同じ境遇にある私たちが刺激を受ける場となればと
思い企画しました。

川崎駅から移動すること約20分。
今回の最初の目玉、巡視船によるクルージング乗り場に到着です。



案内人は川崎市港湾局の方。
膨大な資料を片手に説明をおこなっていただきます。





では、ここからは、しばしクルージングの様子をご覧ください。
写真をClickすると拡大写真が見られますよ。


早速でました工場萌えな
ムキムキ鉄筋とパイプの集合体

緻密に設計されたその姿は
ある種芸術ですね





巨大なベルトコンベア
小学校の社会科によくある
働く機械達の世界です!







これら埋立地も1つ1つ町名が
ついているんですよ

ちなみに浅野総一郎が最初に
埋め立てた地区は『浅野町』として
地名として残っています
すごいですね!



海外からやってきたバナナや
キュウイを荷降し中

こんな大きな船が着岸できるのも
諸外国に比べ後れをとっていた
日本の港湾に危機感を抱き、
整備を進めた浅野総一郎の功績です。



船は首都高湾岸線の下を
くぐって東京湾に向かいます。

この角度から見上げる橋の姿は
何度みても素敵ですね!
クルージングの醍醐味です。




遠くに見えるのは羽田空港
右手には現在建設中の第4滑走路の
様子が見えます。

クルージングの間にも空港から
飛び立った飛行機が船の頭上を
通過していきましたよ



東京湾で働くプッシュボード
コンテナ船を後ろからよいしょと
押しています。
世界と日本、絶え間なくつづく
物流のすごさを実感しますね





ぐるーっと東京湾をまわり
再び乗り場にもどってきました。
なんと、この川崎港で世界最大級
全長4.8メートルのホオジロザメが
捕獲されたそうな

※現在は、はく製となって東扇島の
「川崎マリエン」に展示されているので
是非遊びにきてくださいとのこと


1時間半のクルージング。港湾局の方の笑いを交えた詳しい説明により
沢山の知識を得ました。休日のご対応、本当にありがとうございます。
一同、バスに乗り込み、クルージング乗り場をあとにします。


そして次に向かうのは・・・・




川崎区の浅野町にある焼肉料理店「東天閣」!!

浅野総一郎が政府から譲り受けた深川セメント工場が移転されたことに由来し
セメント通りと呼ばれているこの場所は、現在、韓国焼肉料理店がにぎわいを見せる
「川崎KOREAタウン」となっています。




テーブルいっぱいに並べられた肉、ナムル、キムチ、サラダにスープ



偶然にも今日、8月29日は 8(やき)29(にく)の日
カルビにホルモン、レバーとじゅーじゅー焼いていつもより美味しく口にほうばります!
なんと(別料金ですが)早くもビールを頼む人も!
まだイベントは半分も終わってないですよ〜。



1時間ほどの昼食でお腹いっぱいになった一同。
KOREAタウンをあとにしてバスへ戻ります。




さてこの続きは。。。 また次回お話しますね

この続き(後半)は近日中にこのBlogでアップしますが
浅野総一郎や京浜工業地帯クルージングに興味が湧いた!
ぜひ詳しく知りたいという方はこちらまでご連絡ください。

acoico事務局 info@acoico.net

では、また次回をお楽しみに!
後半

カターレ富山in国立競技場

  • 2009/08/27(木) 22:41:22

みなさんこんにちは♪
今回は8月23日(日)に行われた

カターレ富山戦(in国立競技場)

の様子を紹介します。



持前の粘り強さから7戦負けなし(4勝3分)と好調を維持して、
日本サッカーの聖地・国立競技場に乗り込みました。

国立競技場のスタンドには今年2月のFesの時につくった
acoicoの旗もセッティングして準備万端です。




相手は、3月に行われた味の素スタジアムで0−1と惜敗を喫した東京ヴェルディ。
富山で行われた試合でも負けているので、必ずリベンジしなければと、
選手・サポーターとも鼻息の荒い一戦です。

最近のカターレの好調さのおかげか、カターレが認知されてきたのか
ホームである東京ヴェルディのサポーターに負けない数のカターレ富山サポーターが集まり
富山弁が響く「リトル富山」が出来上がってました。

acoicoで募集した方も大勢応援に駆け付けてくれ盛り上がります。


試合の方はというと、東京ヴェルディに
押されつつもGK中川を中心とした
守備陣が得点を許しません。
逆に、前半終了間際にFW桜井が
一瞬のチャンスからミドルシュートを突き刺し
1−0とカターレリード前半を終えます。

後半はスタミナで勝るカターレが徐々に
ペースを掴み東京ヴェルディゴールに
襲い掛かります。
ルーキーFW桜井が決定的なチャンスを次々
迎えましたが、残念ながら追加点奪えず
このまま1−0で終了。


しかし、カターレらしい粘り強いサッカーを存分に
披露したということで、国立競技場に集まった富山人はみな大満足でした。

次回は、9月27日(日)13時キックオフで
横浜市ニッパツ三ツ沢球技場でカターレの関東近郊での試合が行われます。

横浜駅からバスで15分程度なので、みんなでリトル富山を作ろう!!

【体験記事】 第1回さんぽサークル

  • 2009/08/24(月) 23:35:53

こんにちはacoicoBlogをご覧の皆さん!!
第1回散歩イベントに参加された方から体験談をいただきましたので、
今回はその内容をアップしたいと思います!!

第2回の散歩サークル(目黒不動尊〜洗足池公園)も9月5日に
決定しacoicoチャンネル(メルマガ)に展開されていますので
興味がある人は要チェックです!




高岡市出身yassyさん体験記(7/25散歩イベント)

acoicoのさんぽサークル

に参加してきました!

acoicoのイベントは初めてだったので、どんな方々が集まるのかと
内心ドキドキしてたんですが… 結果から言うと、そんな心配はいりませんでした!
みなさん気さくな方々で、和気あいあいとした感じでした!さすが同じ富山県人!
さんぽ開始直後から、富山の話で盛り上がる、盛り上がる♪

で、いつの間にか、最初のスポット、「名主の滝公園」に到着。
当日はとても暑かったのですが、この公園の中はとても涼し〜!
まさに、都会のオアシスです。




また、さんぽの途中、都電荒川線にご対面♪
富山にも路面電車ありますよね!こういうのを見ると、親近感が沸いてきます。




さらに、旧古河庭園では、レンガ造りの洋館の内部をゆっくり見学。
戦前のレトロな雰囲気を味わってきました。
うーん、こういうオシャレな家に住んでみたい♪




そして、六義園という庭園でゆっくりしてきました。
入り口からしばらく歩くと…
ひ、広い!とても開放的な空間が待っていたのです。






日本庭園に行くと、なんか癒されるんですよね。
いつの間にかベンチに座ってボーッとする自分がいました。
ホント、日本に生まれてよかったーーっ(笑)

以上、私が気になったスポットを、エピソードを交えつつ
書いてみました。

さんぽ総距離、約9km…
でも、そんな長さを感じさせないくらい、とても楽しいさんぽでした。
企画されたStaffの石黒さんをはじめ、参加者のみなさま
楽しい時間をありがとうございました!

さんぽサークル、また参加したいと思います♪



yassyさんとても満足されたようで何よりです。
acoicoでは今後もイベントに参加された方の体験コメントを
積極的に載せていけたらと思いますので、もしかしたら
次皆さんにお願いするかもしれません!

では、またお会いしましょう

第1回さんぽサークル

  • 2009/08/07(金) 12:58:18

まいどはや〜、皆さんお元気ですか!?
さて今日は先日7月25日の巣鴨「越中富山」での納涼大宴会の前に行われた

さんぽサークル

の様子をレポートします!

今回のテーマは「水」。古の水の都「王子」から巣鴨の「越中富山」までの史跡、公園など、
普段の忙しい生活の中ではなかなか訪れることのない場所を富山の仲間たちと散歩し
心も体もリフレッシュしました。



京浜東北線「王子」駅に集合してくれた8名の富山県民
女性も1名参加です。ありがとうございま〜す!!

炎天下の中、まず最初に訪れたのは駅から徒歩10分のところにある
名主の滝公園


みてくださいこの光景!
王子にこんな綺麗な滝の公園があったんです!
園内奥にある落差8mの男滝にメンバー全員感動

これは幕末に王子村の名主だった畑野孫八が
自邸につくった庭園を一般の人にも開放したもので
当時は王子七滝としてホタルの乱舞が観られる場所として知られていました。

「今日、ほんま来てよかったちゃ〜」と
最初からご満悦モード



多くの天然マイナスイオンを浴び、お肌ぴちぴち
心もリフレッシュした後は王子稲荷神社



ここは関東の稲荷総社といわれ、
大晦日の夜になると関東一円の神狐が
集まって来るそうな。

火難除けと商売繁盛にご利益があるとのことで
皆で両手を合わせて祈願祈願







前日の曇か雨かという予報も嘘かのようなカラカラ天気に早くもグッタリ
予定変更で途中の飛鳥山公園でしばし休憩。
さぁ、元気を取り戻して、これから本郷通り沿いに駒込方面へ向かいます。

14時25分、都指定の旧古河庭園に到着!!


江戸時代に牡丹園となっていた場所ですが
明治になって坂本龍馬率いる海援隊士として
お馴染みの陸奥宗光の所有となり、
北側の小高い丘に洋館を建て、低地には
日本庭園を配したレイアウト。

風景全体を撮っておらずホント申し訳ない






参加者は洋館の内部を一時間にわたって見学。
旧古河財閥所有の洋館はキレイに復元され日本の古き良き文化を肌で感じる場所でした。
うーん、インテリな感じ。


旧古河庭園を後にして歩くこと20分 六義園に到着です。


五代将軍綱吉のブレーン柳沢吉保が
元禄年間に加賀前田藩の屋敷を譲りうけ
完成させた回遊式築山泉水庭園。

中国・日本の故事・名所になぞられた88の
景勝地を模して造園したと言われています。







時間も押し押しで写真も撮る暇がなくようやくみんなで写真撮影。
30分ほどゆっくりとステキな庭園を眺めながら、ひんや〜り冷たい白玉ぜんざいを堪能。








六義園で休憩をとったacoicoさんぽサークル御一行
いよいよ宴会会場「越中富山」のある巣鴨方面へ向かいます


路地をさんぽしていると、笑顔が
素敵な八百屋マダムとその犬に遭遇。

コンクリビルが乱立都会のど真ん中で
こんな発見や出会いがあるのも
さんぽの魅力ですね。







あんなに照っていた太陽も多少は落ち着いてきたところで巣鴨近辺にある染井霊園に到着。
ここには政治家・芸術家など有名人が眠っています。

故芥川龍之介と高村光太郎、智恵子のお墓をお参り。
偉大な文豪、歴史に名を刻んだ彫刻家の墓前に立つと
やはり胸に熱くこみ上げてくるものがあります。

※墓地のため、写真撮影は控えました念のためね。





いよいよ散歩の舞台も最終ステージ巣鴨商店街にはいってきました。




さすがおばあちゃんの原宿と言われている巣鴨。クレープ店ではなく大判焼き、アイスではなく佃煮。シルバーアクセではなく御守袋が通りの出店に並んでいます(^^;



そして最後の訪問スポットは
ご存知とげぬき地蔵

入口の門をくぐると現れる大きな香炉

お線香の煙を周りの人と同じように
体じゅうに炊きよせます。




本堂をお参りした後は
境内にある洗い観音様(聖観音菩薩)へ

観音様に水をかけ、治したいと思っている箇所を水で洗いながすと、自らの身体も不思議と調子がよくなるとか

その御利益を得るために一同頑張って行列に並びます。




やっと巡ってきた私たちの番。
それぞれの想いをかけて地蔵を洗います。

みんなどこを洗ったのかな?
ちなみにacoicoSTAFFでありさんぽ企画者の
リーダー石黒は、頭と顔とお腹と下半身を
ゴシゴシ洗ったとか

洗うとこ多すぎ〜!!





すべての行程を終えた今回のさんぽサークル。約4時間の旅となりましたが、
皆さん大満足で「是非また企画してください」という声を聞いたときは
とても嬉しいものがありました。


その声にお応えすべく第2弾さんぽサークルも企画しますので、
Blogを見ている方も、ぜひ参加してみてくださいね。