「川崎市生田緑地・富山ゆかりツアー」レポート!

  • 2011/11/20(日) 15:13:00

みなさん、こんにちは!

今回は、11/19(土)開催のイベント・「川崎市生田緑地・富山ゆかりツアー」のレポートをお届けします!
日本民家園にある「合掌造り」と、あの話題の「藤子・F・不二雄ミュージアム」に潜入!?レポートです。


1. 日本民家園

http://www.city.kawasaki.jp/88/88minka/home/minka.htm



日本各地にある古民家が、川崎の生田緑地に集結、展示されています。
建物構造のほか、日本の古くからの風習・生活様式を学ぶことができることができます。

…で、何と、我らが「五箇山の合掌造り」もここにもあるんです!
というわけで、内部を見学させていただきました。

今回の参加者は、筆者も含めて6名。
そして、園内をご案内いただいた「炉端の会」のガイド・吉川さんも、何と富山のご出身!
富山弁も織り交ぜながら、話が進んでいきます(背後に見えるのは上平の「江向家住宅」)。



外はお馴染みの茅葺き(かやぶき)屋根。急斜面で豪雪から守ります。まさに「合掌造り」の語源。
建物の内部は縄と「ねそ」という植物でがっちりと固定。



五箇山の和紙用の紙すき器があったり…
(江戸時代、夜に若い女性が紙すきをやっていた時代に、男どもが指で障子に穴を空けて外から覗いていた。
 そして、女性達はその穴の数で自分の魅力度をアピールしていたとか・笑)



いろりがあったり…仏壇も立派で…いかにも富山らしい構造。
参加者からは「あー懐かしいー」という声が挙がってました。
(写真は山田家住宅のものです)





こちらは利賀の「野原家住宅」。
梁が曲がってますよね。根元の曲がった大木をそのまま使用しているそうです。丈夫そう!





もちろん、南砺市のポスター、五箇山のパンフレットがちゃっかり置いてありました(笑)
世界文化遺産・合掌造りの五箇山に、ぜひお越しくださいませ!





2. 藤子・F・不二雄ミュージアム
http://fujiko-museum.com/

大人気のミュージアム、ついに行ってきました!
参加者が時間を忘れ、藤子・F・不二雄ワールドを堪能♪

展示室は、キャラクターの原画や作品が展示されています。
ドラえもんをはじめとして、オバケのQ太郎、パーマン、キテレツ大百科…
作品を観るたびに、参加者間で「あれはあーいう話でね…」で盛り上がる!
(展示室は撮影不可だったので、気になる方はぜひミュージアムで楽しんでくださいね!)

そして、自由にまんがを読める「まんがコーナー」があったり、
はらっぱにいろんなキャラクターがいたり…どこでもドアがあったり…





















そうそう、カフェでこんなもの売ってましたよ!

ドラえもんの「どら焼き」



秘密道具・「あんきパン」ラスク



4次元ポケットサンド(中にはタケコプターのチーズ!)





コロ助の「いナリ」(もちろんコロッケ付き!)





ドラえもんの箸袋。いただきまーす!



こんなとこにも仕掛けが。消火栓なんですが…ドラえもんのしっぽに見えません?




というわけで、おみやげショップで大量購入したことは言うまでもありません(笑)

当初のスケジュールを大幅にオーバーし、あっという間に夕方になってしまいました。

最後に、参加者全員で出た結論を。

「こんなに楽しい藤子・F・不二雄ミュージアム、なんで生まれ故郷の富山にないんだ!!」

富山にもぜひ作ってください!お願いします!

(スタッフ・MoriP)

富山出身大学生交流会!!11月12日開催参加者募集中!!

  • 2011/10/21(金) 12:27:03

----------------------------------------

■「acoico学生交流会」開催決定!!

----------------------------------------

富山県出身者の交流というのは、実際、あまり機会が多くなく、さびしく思いませんか?たまにそのような場があったとしても、学生の身分ではちょっと…
そう思ってらっしゃる皆さん!!  朗報です(*_*)
11月に富山県出身の学生のための交流会を実施します!(^^)! 今年が初めての実施です。学生を中心に、社会人の方を交え、富山県出身者の輪を広げてゆきたいと考えています。
また、Uターン就職など、進路のことも取り上げます。東京で就職?それとも、富山で??そのヒントを自分なりに見つけるチャンスです(^O^)
ぜひぜひ参加してみてください。

-概要------------------------------------------------------

■目的
ー匆饋佑諒も含めた、富山県出身者同士で楽しく交流する
富山県へのUターン情報を収集する
自由な場で意見交換し、自分の考えを深める

■対象  
大学1年〜4年生で、希望者10名程度

■ゲスト 
富山出身の社会人の方:5名

■場所
早稲田奉仕園(予定)
(東京メトロ東西線「早稲田」駅徒歩5分)
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

■日時
11月12日(土)、13時〜17時

■参加費 
500円

■内容
ー己紹介 (20分程度)
∩澗離錙璽 「みんなで分析‼ 東京の良さ 富山の良さ」 (20分程度)
グループ内での意見交換(15分×3テーマ)
)東京と富山を比較して )10年後の自分 )もし1億円あったら…
ぅ僖優螢好犯表(10分×5名)「自分が一番成長したとき」
ゥ侫蝓璽織ぅ燹〇間を有効に使い、参加者同士での交流を深めましょう (60分)
Δ泙箸
16:50 終了予定
その後、希望者で飲み会もやりまーす!(別料金)

■お申し込みはこちらから!!!!
https://business.form-mailer.jp/fms/e2a050009357

10月末までお申込みいただけます。
皆さんのご参加、心よりお待ち申し上げております。

■お問い合わせフォーム
本イベントに関するお問い合わせは、以下のフォームよりお願いします。
https://business.form-mailer.jp/fms/47925c9f9358

続きを読む

【参加者募集】acoico 富山再発見ツアー

  • 2011/09/16(金) 15:00:00

「実はうちら、富山のことあんまり知らんよね?」
そんな言葉がきっかけで、昨年初開催したacoico富山再発見ツアー。

「でも…、わざわざ帰って、本当に面白いかねぇ?」
出発前の心配は見事に裏切られ、我らは富山の土地と人に魅せられたのでした…。

だから今年も開催します


acoico流!来てみられTOYAMA再発見ツアー
日程:10月22日(土)〜23日(日)  
募集人数:20〜30名
参加費用:10,000円 (バス代、食事代、体験費など)
  富山までの交通手段と宿泊は、ご実家を含め各自でご手配ください。
キャンセル料金:10日前の12日から30%、3日前から50%、当日不参加100%
お申込みはこちら>>
お問合せはこちら>>
旅程
1日目(10/22)
9:30
  富山駅集合 / 10:10 富山空港集合
午 前 庄楽窯見学(立山町)
     <昼 食>
午 後 陶芸体験(一部工程のみ)
     岩瀬散策・アトリエ訪問(富山市)
夕 方
 交流会
21:00頃解散(各自宿泊)
 
2日目(10/23)
8:15
  富山駅集合
午 前
 石黒種麹店訪問・福光商店街散策(南砺市)
     <昼 食>
午 後
 ファミリーパーク訪問(富山市)
16:45頃解散

県内の移動は貸切バスです。
1日目の空港集合時間は、羽田発ANA883便の到着時間に対応しています。
2日目の解散時間はANA890便羽田行の出発時間に対応しています。
  ※航空ダイヤは9月15日時点のものです。航空会社の都合により変更となることがあります。

ぜひ、予備知識なしでご参加ください

    

・・・と言いたいところですが、
「ちょっと謎すぎ
「この情報だけじゃぁわざわざ富山帰れんし
という方は、引き続きこのブログを読み進めていただければと思います。

今回のツアーづくりにあたって、企画メンバーの共通した想いは
「今年もまた、富山を舞台(ステージ)にして、独自の試みをしている人に会いたい」
ということでした。

そんななかで
「地元で活躍する同世代に会ってみたい」
「富山にも元気な商店街ってないのかな?」
「富山の超伝統や最先端ってなんだろう?」
「癒されたい……」
などいろいろな声が挙がりました。

これらをヒントに、富山の方々の多大な協力を得て今年のメインコンテンツが決定。
行く先々で、私たちの訪問に大切な時間を割いてくださる地元の方々がキーパーソンです。
(写真は随時追加します)

越中瀬戸焼「庄楽窯」
越中瀬戸焼の起源は安土桃山時代。
一旦途絶えるも、現在は4軒の窯元が守り続けます。
陶器の粘土も、窯の薪も、すべて自家加工。
今回は私たちと同世代の後継者の元を訪ねます。


岩瀬散策・アトリエ探訪
岩瀬の美しい街並みを訪ねたことのある方は多いはず。
でも表通りを歩くだけで終わっていませんか?
この旅では、地域再生の仕掛け人から
如何にしてこの街並みが生まれたかお話を伺い、
また、町を拠点に芸術活動をする若手作家さんにも会いに行きます。

石黒種麹店・福光商店街散策
南砺市・福光町の一角に、加賀文化の風情が残るなつかしい商店街があります。
そこに軒を連ねる北陸で唯一の種麹屋さん。
ご主人は『美味しんぼ』にもご登場済みとか。
種麹とは何ぞや?北陸の発酵文化とは?
種麹にかけるご主人の熱い想いを!


富山市ファミリーパーク
ファミリーパークの取り組みが、
全国的にも注目を浴びていることをご存知でしたか?
これまで当たり前とされてきた西洋式動物園のあり方に
一石を投じる山本園長にお話を伺いながら、
ファミリーパークの“いま”を体験。
「前に行ったのは小学校の頃かも…」という方は注目です!

    

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます!
ツアーにもぜひぜひご参加ください〜

お申込みはこちら>>
お問合せはこちら>>

7月24日「acoico流・ぶらり途中下車の旅」レポート!

  • 2011/08/17(水) 09:27:50

みなさまこんにちは!

今回は、7/24(日)に開催されたイベント「acoico流・ぶらり途中下車の旅」
のレポートをお届けします!
(遅くなりましてゴメンなさい・汗)

今回は東京メトロ・丸ノ内線の旅。
電車に乗りながら、富山ゆかりの地を巡ります。

まずは「新宿三丁目駅」
丸井百貨店・新宿本店に集合です。



丸井百貨店…創業者・青井忠治が射水市(旧小杉町)の出身。
      丸井は月賦販売・クレジットカードの草分け存在。
http://www.0101maruigroup.co.jp/index.html

さっそく丸ノ内線に乗り込み…



次は「赤坂見附駅」。紀尾井町にある「ホテルニューオータニ」を訪問しました。
http://www.newotani.co.jp/tokyo/index.html




ホテルニューオータニ…創業者・大谷米太郎が小矢部市出身。

まずは、ホテル内の美術館に向かい(そもそも、ホテル内に美術館があることがスゴイ!)、
相撲絵を見学させていただきました。

大谷米太郎は一時期お相撲さんをやってて、その縁で相撲絵を収集していたといいます。
かなりの数があり、美術館に展示されているのでまだほんの一部だそうです。





そのあとは、ロビー階の広い廊下をてくてく移動(豪華すぎて迷いそうになりながら…)。



そして、最上階の回転ラウンジへ。
(座席が1時間に1回のペースで周り、ずっと座ってると景色を360度見渡すことができます。
そしてこの回転ラウンジ、設計者が滑川市出身なんだそうです。どこまでも富山ですなぁ…)
参考:http://librarytaisei.jp/works/vol010/index_02.html



美術館の支配人さんから大谷米太郎の生涯についていろいろと
お聞きしました。

--
裸一貫から単身上京した大谷米太郎は、様々な力仕事の経験を積みながら商売の仕方を勉強し、信用を得ていく。
この時期に実践していた「種銭哲学」(収入の1割を貯金する)という考えは、信用を得ながら後々の様々な事業立ち上げの元となる。
(なお、この考えは現在も受け継がれており、現在勤めているニューオータニ社員も毎月の給料から貯金しているとのこと。)
のちに相撲取りとなった大谷米太郎は、地方巡業時に必ず工場見学をするというかなりの勉強家でもあった。
大正時代に製鉄業(大谷重工業)に進出、当時は「鉄鋼王」とも呼ばれた。
戦後、東京オリンピックを機にホテル建設に着手、ニューオータニとなる。
--

かなりの勉強家&努力家であったことが伺い知れます。
正に富山県人ですね!

参加者のみなさんでパチリ☆
(ご参加されたみなさま、ありがとうございました!)



そして、ニューオータニの日本庭園へ移動。
総責任者の方からご説明をいただきながら散策しました。



この日本庭園、とにかく広いんです!(約4万平方メートル・12,000坪)
東京の都心で、これだけの自然があるのにびっくり。
四季折々の花が咲いており、春と秋は桜、冬は寒椿で、1年中楽しめるんです。

ほかにも、江戸時代のゆかりの灯籠がいくつもあったり、佐渡から運ばれた「赤玉石」があったり(パワースポットらしいです!)
…飽きることはありませんでした。

「赤玉石」をみんなで触れて、パワーを感じる(笑)



「大谷米太郎」の銅像



日本庭園でありながら、花壇も備えています。
(外国からの宿泊者も喜んでいただけるように、ということらしいです。
でも日本人から観たら異様な光景ですよね…)
















ニューオータニのスケールの大きさに圧巻でした。

最後は「銀座駅」に移動。
おなじみのアンテナショップ、「いきいき富山館」へ。
http://toyamakan.jp/
物産館でのお買い物と情報館の見学を楽しみました。



そうそう、物産館ではこんなネギが売ってました!
その名も「ねぎたん♪」かわいいでしょ!





文字通り「短いネギ」なのですが、葉が柔らかく辛みが少ないそうです。
新しい「富山ブランド」ですので、ぜひ応援しましょう!
http://www.shoku-toyama.jp/tokusyu/negitan.php

夜は、富山系居酒屋飲み会ということで、「方舟大吟醸 銀座中央通店」へ移動。
富山のお酒をいただきながら、ざっくばらんなトークで盛り上がりましたよ!



というわけで、次回もacoicoイベントをお楽しみに!
(スタッフ・MoriP)

富山県石井知事との意見交換会

  • 2010/12/25(土) 19:50:25

acoicoプレゼンツ
富山県知事との意見交換会!!


みなさんこんばんは!
今日は先日おこなわれましたクリスマスカフェの
第1部「富山県知事との意見交換会」の様子をレポートします。



数日前からいきなり寒くなった12月19日の東京都心
霞ヶ関ビル35Fの一室をおかりしてビックなイベントを行いました。



なんと今回の意見交換会イベント募集40名に対して受付開始から
5日間で定員に達してしまう注目度の高さです!

最初に今回のイベント実行委員の中杉より
「みなさん松岡修造並みに熱い富山への想いを語ってください!」と開会の挨拶。



続いて本日のゲスト石井富山県知事のご紹介とご挨拶
なんと数日前がお誕生日、会場のみなさんで「知事おめでとうございま〜す」と
祝福のエールをおくると少し照れた感じで喜んでくださいました。



ご挨拶につづき県から用意いただいたパワポで富山県政概要について
説明をいただきます。ロシア・中国を視野にいれた環日本海の物流、教育
子育て支援の話、5年後の北陸新幹線開業に向けた戦略等大変参考に
なるお話です。



つづいて「戻りたい富山とは?」「ふるさと教育」の2つのテーマについて
参加者と知事との間で意見交換。

戻りたい富山については
もう少し遊ぶところが欲しいとか、仕事を増やしてほしいという意見から
新幹線開業について懸念されるストロー化現象を心配する意見

ふるさと教育については
外国にでるとIdentityとしての富山人を自覚し故郷のことを勉強したくなる
この会場にいる全員はある意味「富山の営業部長」
といったいろいろな意見がでました。



ちなみに今回の司会は元FMとやまアナウンサーの沼倉真里子さん
間の取り方や機転のきいた司会の展開はさすがプロだな〜と唸ってしまいます。

今回、予定時間の1時間半を上回ってしまう会となってしまいましたが
それでも全然話たりない感じで終わってしまいました。
発言できなかった方、大変申し訳ありません<(_ _)>

最後に参加者全員で記念撮影です。
皆さん師走のお忙しいところ参加いただきありがとうございました。



続いて第2部クリスマスパーティです。
こちらについても近日中に報告しますね!